18才のお誕生日クッキー

 

やっとバラの寒肥が終わりました。

12月~2月までには、やっておかないといけないのですが。。。

 

毎年、牛糞とか、腐葉土とかもたっぷりあげるのですが、

今年はワンコの事でさらに忙しさも増して、肥料のみ。

まぁ、雪が降ったし、大丈夫かな。。。ね、カンナちゃん」

と、根拠のない事を呟いて、自己完結してます。

 

さて、18歳のお誕生日のクッキーを先日お作りさせていただきました。

若い男の子と言いたいところですが、

ご高齢のワンコちゃんです。

 

 

 

FB_IMG_1456527858945.jpg

 

男の子だけれどおリボンつけていて、

まだ子供みたいなお顔です。

 

ワンコの18才ってすごいです。

健康だけが取り柄だったベリーも推定ですが、17才で天国に行きました。

 

しかも、まだまだ元気だっていうんですから、頼もしい限りです。

20歳まで元気で生きてくださいね♪

全国のワンコ飼い主の希望の星です♪

 

ワンコの寿命は持って生まれたものが大きいとは思いますが、

ワンコは自分で選択することが全くできないので、育て方が一番影響しますよね。

食べるもの、運動、環境、、、

 

私は、サポートワン子育てしかやったことがなく、

今回、4匹目にして、始めてワン子育てのリーダーになりました(笑)

 

初、ワン子育てなのですが、

初ワンコのカンナちゃん、実はお肌が弱くって、、、、。

暇さえあればカキカキしてる感じなんです。

 

IMG_0716.JPG

 

病院では、子犬によくある、一過性の湿疹だと言われて、

お薬を2回処方してもらったのですが、

全く治りません、、、

 

次はステロイドをぬってみますか??、、、と言うところで躊躇して、

少し様子見をさせて頂いています。

 

フードをやめて全面手作り食にして、

たっぷりの散歩に、思い切り走らせて、

お天気の時はバルコニーで、太陽の下で遊ばせたり、

免疫力アップの体作りを、頑張っています。

 

あちこち痒いのがかわいそうで、かなり甘えん坊に育てています。

 

さて、手作り食でトライしていりるのが、BARF(Bones And Raw Food)です。

その名の通り、骨と生肉食。

 

私も始めて知人に、生肉食を教えられたとき、びっくりしたのですが、

勧められて買った本を読んで、はじめました。

 

亡くなったベリーちゃんはお肉が大好きで、

野菜が大嫌いだったんですよね。

フードも嫌いだし、肉肉肉~って。

でも、もうおばあちゃんなんだから、野菜も食べなさい!!!

みたいな感じで食べさせていたんだけれど、今にして思うと間違ってたかな、、、と。。。

 

生食に関しては、賛否両論ですが、

動物の理にかなっているな、と思うところが多いので、

少しでも、肌が強くなってくれることを願って、

馬肉、鹿肉、ラム肉に、内臓、骨を、ドンドン買ってます(笑)

 

先日、ちょっと奮発して、鹿の胃袋と言うのも買ってみました。

高級すき焼き肉のお値段ですが、

これが超くさい。

絶対素手でさわれません。

裏山に落ちている動物のウンチより数倍臭いです。

 

カンナちゃん、道に落ちてるワンコのウンチらしいものには無反応ですが、

発酵しかけた鹿かイノシシ?のウンチを見つけると、それを加えて、嬉し過ぎる感じで駆け回ります。

あんまり楽しそうなので、そのまま遊ばせてあげたいのですが、

物はどこの馬の骨ともわからない動物のウンチですから、

こちらも真剣に叱ってとりあげているので、最近は我慢しているみたいです。

聞き分けのいい、やりやすい子です。

 

そんな、くさいもの好きのカンナちゃんは鹿の胃袋が大好き♪

ライオンも、獲物を食べるとき、一番最初に胃腸を食べるんですものね。

 

ワンコって丸いつぶらな瞳で、可愛い顔をして、人間に従順で

まるで人間の赤ちゃんの様ですから、

すっかり忘れているんですけれど、

 

肉食動物なんです。

 

カンナちゃんの肌が強くなるようアドバイスなどあれば教えてください。

 

今日は庭仕事で午後から、庭にいて、お昼寝をしていないので、

今、ケージの中で、おおいびきをかいて寝てます(*^_^*)

 

 

 

 

 

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30