2016年8月の記事

お茶会

 

女性のグループの方のご依頼で、お茶会をさせていただきました。

 

フレッシュいちじくをたっぷりと入れた、チーズケーキと

 

P1013730.JPG

 

いちじくをコンポートにして作ったいちじくのムースケーキ

ムースはメレンゲを入れて軽めにいたしました。

 

P1013724.JPG

 

いちじく好きなので、いちじくのケーキを2種類作りました。

 

しかしうちの無花果ときたら、一向に色が付きません。。。

 

P1013611.JPG

 

 

あとは、爽やかなマスカットを入れたゼリーと、

リクエストのマカロン

 

甘いものばかりなので

生ハムとチーズのプチサンドをお口直しにお作りして、

 

それぞれ皆様でお皿の上で飾っていただきました。

 

P1013733.JPG

 

P1013735.JPG

 

P1013737.JPG

 

少しですが、自分で手をかけるとワクワクしますね。

みなさん、楽しんで飾って頂きました。

 

バラの花の入ったローズダージリンと、

バニラビーンズの入ったバニラ紅茶のお味を楽しんで、

女の子らしい時間をご一緒させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の5月はとても忙しくしていて、

庭が一番気持ちが良い時だというのに、庭を楽しむ時間がほとんどなかったので、

撮りためた写真を見ながら振り返らせて頂きます(^^)

 

5月の庭の花形選手は何と言ってもバラです。

 

少し植え過ぎじゃないのかと、毎年なんとなく思うのですが、

今年はやっぱり植え過ぎだ、、、と、バラだらけの庭でむせ返りそうになって、

やっとバランスの悪さに気が付きました。

 

なので、夏以降、せっせと葉っぱを植えています(^^)

 

とはいっても、5月の庭の写真を見直すと、

やっぱり薔薇やんなぁ。。。とつぶやいてしまいます。

 

堂々巡りです。

 

さて、まずはオールドローズの美しさを持つ

デビッドオースティンのイングリッシュローズです。

 

「ジュード・ジ・オブスキュア」

 

アプリコット色の、芍薬咲のコロンとしたとても品のあるお花です。

何よりも素晴らしいのが、フルーティーで甘く濃厚な香り。

ずっとクンクンクンクンしていたくなります。

 

goP1012543.jpg

 

goP1012545.jpg

 

goP1012496.jpg

 

P1012337.JPG 

 

goP1012651.jpg

 

部屋に飾ると、ルームコロンです。

 

ただ、イングリッシュローズ、花持ちが悪いんです。 

涼しいイギリス生まれのバラですから、日本の暖地では仕方がないのかもしれません。

 

その中でも、特に花持ちがよろしくないオブスキュア。

でも、それを超えるだけの魅力を兼ね備えています。

 

花壇に植えて3年目。

今年は次々に花が咲いてくれました。

始めて「このバラ素敵~。」と思いました。

  

次は「ウィリアム&キャサリン」

 

このバラも、4年目になってようやく、花束のような姿で

次々と花を咲かせてくれました。

 

wkP10125313.jpg

 

wkP10125303.jpg

 

wkP1012584.jpg

 

wkP1012519.jpg

 

中輪の白薔薇は、清楚です。

こんなにナチュラルなバラだったのかと気が付きました。

 

白バラはやっぱりいいですね~。

清潔感があふれる少女のようです。 

 

同じく白バラのグラミスキャッスル。

細い枝からコロコロの花が次々に咲きます。

純白の小ぶりなこのバラは、弱々しく見えますが、意外に強くて、

春から初秋まで繰り返し花が咲く優れものです。

 

gkP1012549.jpg 

 

黄バラの「グラハムトーマス」は一緒に植えているパープルのクレマチスと

とてもよく合います。

黄バラっていいでしょ?!

 

黄バラの好きな友人も大好きなバラです。

 

gtP1012699.jpg 

 

gtP1012333.jpg

 

P1012249.JPG

 

 

 

この可愛いバラは???

はい、このバラは「ジェフ・ハミルトン」です。

イギリスのホテルの庭で一目ぼれしました。

 

jhP1012693.jpg

 

イングリッシュローズは植えて3年目くらいから、花付きが一気によくなるような気がします。

ジェフも今年で3年目かな。

とてもたくさんの花が咲きました。

 

何度見てもかわいいお花です。

 

jhP1012694.jpg

 

ただ、イギリスで見たときは、1メートルくらいのシュラブでしたが、

日本では、つる薔薇みたいにビュンビュンと枝が伸び過ぎてしまうので、

ど真ん中の花壇にちょっと合わないんです。

 

植え替えましょうか、どうしましょうか。。。と2年間思案しています。

 

 

次もよく似たピンクのイングリッシュローズ

「シャリファ・アスマ」

香りの強いバラです。

苗屋さんの強いお勧めで買った気がします。

お勧めの通り、グラデーションになった美しいピンクの花が次々咲きます。

 

 

shP1012582.jpg

 

saP1012354.jpg

 

素敵だとか、気品があるとか同じ褒め言葉になりますが、

気品と、美しさを兼ね備えたバラです。

 

 

こちらもよく似たバラで

「クィーン・オブ・スエーデン」

 

スェーデンの王女にささげたバラですね、きっと。

 

挿し木苗を頂いたものです。

ハートの形の花弁が、ぎっしりと詰まった、コロリとした姿は

本当にキュートです。

 

あまり広がらずに、シュッとしたスリムな株姿です。

 

csP1012713.jpg

 

P1012150.JPG

 

レモン色の「ザ・ピルグリム」

今年も沢山咲きました~。

 

pgP1012454.jpg

 

piP1012705.jpg

 

薔薇には珍しい、レモン色の爽やかなバラで、

庭の一角がとても明るくなります。

 

 

可憐なバラは多いのですが、

このバラほど可憐なバラもないのではないかと、、、

毎年同じことを言っています。 

「ウェッジウッド・ローズ」

 

wrP1012730.jpg

 

wrP1012450.jpg

 

wrP1012485.jpg

 

イングリッシュローズとは思えない、花持ちの良さです。

大きな花には合わない位細い枝なので、少し高い位置で咲かせるのがカワユイです。

 

 

abP1012357.jpg

 

何度もご紹介しているアーチの

「アブラハム・ダービー」

良く咲きます、香りもよし、花付きもよし、強さもよし。

樹勢が強くて、枝が暴れまくりますが、沢山咲いてほしいという方には

特によろしいのでは、、、と思う薔薇です。

 

アブラハムによく似たばらは「エブリン」

香水会社と、デビッドオースティンのコラボのバラ。

香水の為に研究して作られた、とても香りのよいバラです。

 

ebP1012350.jpg

 

あまり日当たりに恵まれた場所ではなく、

今一つ勢いにかけますが、今年は少し元気を取り戻してシュートも出てきています。

 

バラって、消毒や何やらとても大変じゃない?と言われますが、

基本の、日当たり、水はけ、風通しの良い場所だったら、

消毒なんかしなくても、オースティンくらいの強さがあれば、

元気に育ってくれるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日のプレゼントのアイシングクッキーのプレートは

何度かお作りさせていただいておりますが、

今回は、少し大きめのリクエストで、お作りさせていただきました。

 

P1013700.JPG

 

何個作っても楽しいプレートです♪

 

P1013701.JPG

 

小さ目のクッキーもご一緒にお届けいたしました。

 

P10111045.jpg

 

寄せ植え教室に行ってきました。

 

今回の花器は籠でした。

ナチュラル♪

 

籠の中にビニールが貼ってあるので、そこ穴をあけて土を入れています。

 

P1013714.JPG

 

 

P1013711.JPG

 

右後ろのシュッとしたのがピンクの「シュウメイギク」

左手の少し紫がかったリーフが「西洋ニンジンボク」

正面の実が「クランベリー」

 

クランベリーって、こんなにかわいかった??

うちの花壇にもあるのですが、多分全部ヒヨ鳥に食べられているし。。。

実が付いたの、見たことありません。。。(T_T)

 

クランベリーの右隣が「スィートハーブメキシカン」これは、非耐寒性なので、冬に枯れちゃいますね。

それ以外は、年越し出来るそうです。

 

西洋ニンジンボクの後ろに、磯菊と言う少しオシャレなリーフが居ます。

 

P1013717.JPG

 

今朝、急ぎのお仕事が終わったので、急遽、参加させていただきました。(^^)

 

前回教えていただいたアンスリウムの寄せ植え。

復習で自分で作ってみました・・・・ 

 

P1013707.JPG

 

微妙。。。

 

 

 

 

残暑が厳しいですね。

去年は、お盆が終わった後、一気に秋が来ました。

今年もそんな風にならないかな、、、、と思っていましたが、

関西はそうはなってくれないようです。

 

でも、もう少しの辛抱です。

 

さて、可愛い男の子の一切のお誕生日プレゼント用の

マカロンをお作りさせていただきました。

夢と希望を沢山持って育ってください。

 

P1013686.JPG

 

昨日お届けさせていただきましたマカロンのお写真を

お客様がお送りくださいました。

 

お写真がとても素敵だったので、ご紹介させてください。

 

IMG_20160826_150012.jpg

 

昨日、私の雨乞いが効いたのか、数週間ぶりの雨が降り、

今日の夕方も再び、雨が降ったので、庭の草木がとても喜んでいるようです。

 

私も水やりをしなくていいので、とても喜んでいます(^^)。

 

ラベンダーの鉢の中に紫のお花が咲いていてびっくり。

 

P1013658.JPG

 

何かと思ったら、昨年の冬に移植した、クレマチス・HFヤングの根っこ?が残っていたようで、

つるが伸びて、咲いていました。

 

P1013657.JPG

 

「私を抜かないで・・・」と言ってますよね。

 

 

ここは私の好きな一角。

グリーンが涼しげで、ウキウキします。

 

P1013663.JPG

 

P1013662.JPG

 

 

先月から急に気になりだして、買い始めたグラス類。

躍動感のあるスリムな葉が最近の私の最も気になる植物です。

 

P1013665.JPG

 

細い青色の葉が美しい、フェスツカ。

 

P1013666.JPG

 

明るい葉っぱのカレックス。

 

P1013667.JPG

 

こちらのすらっとした細いのは、糸ススキ。

地植えにして、大株にしたい気持ちもあるのですが、、、、

 

P10136797.jpg

 

ススキとあらゆる雑草で埋もれています。

これを見るとかなり躊躇。

この糸ススキはまた違ったものなので、こうはならないと思うんですけれども

ちょっと怖いですよね、、、。

 

 

P1013668.JPG

 

銅色葉っぱのコルディリネは

大きいプランターに植えてみたいなと思ってとりあえず仮植え。

 

 

P1013682.JPG

 

こちらは黒竜。

よくある竜のヒゲの濃い色の葉で実も黒いんだそうです。

 

P1013672.JPG

 

ニューサイラン・ピンクストライプ。

 

 

P1013669.JPG

 

こちらはコルディリネ・テルミナリス。

冬、お家の中に入れてあげなくてはいけません。

 

P1013673.JPG

 

お墓参りに行って、一株持って帰ってきたもの。

今まで存在を無視していたのに不思議ですこの気持ち。

 

P1013683.JPG

 

こちらは室内で育てる観葉植物。

ドラセナコンシンネ・レインボー。

 

と、田舎暮らしの私には、今まで雑草以外の何物でもなかったグラス類、

急にときめきを覚えてしまって、少しずつ増え始めています。

 

 

P1013661.JPG

 

最後に、暑さに非常に弱いとのことで、

一年草扱いで植えたルピナスが、何ですかとてもお元気で、

どんどん株が増えてきているのがうれしくてアップさせていただきました。

 

 

残暑が厳しいらしいですが、夏の草花を楽しみながら

乗り越えたいと思います。

 

先日、お花屋さんに案内頂いて、

お盆のさ中、棚経が終わったその足で、寄せ植え教室に行ってまいりました。

 

適当寄せ植えは日常茶飯事ですが、

教えてもらっての寄せ植えは初体験です。

 

テーマは観葉植物。

 

アンスリウムと、用意されたリーフから4種類を組み合わせて、

鉢に、植え付けていきます。

 

まず植物選び、実はここが一番時間のかかるところでした。

迷いに迷います~。

好きなものばかりではダメ、バランスを考えないといけません。

 

選んだ植物を鉢の上で構成していきますが、

これが意外に難しいんです。

私はほとんど店長さんにお任せ。

 

何度も参加されている方でも、先生が少しさわると、

垢抜けるんですよね。

バランスも、ボリュームも、清涼感も。

 

わたくし、寄せ植えをかなりなめていました。

時間が合うときは参加させて頂こうと思っています。

 

しかし楽しかったなぁ~。

当分楽しい気分が続きそうです。

 

さて、出来上がりの作品です。

 

P1013646.JPG

 

P1013647.JPG

 

プランツ名をメモってきましたが、すぐに失くしそうなので

名前を書いておきます。

 

赤い花のはアンスリウム。

ピンクと赤から選びましたが、ピンクが人気でしたね。

私はどちらでもよかったので、余った赤を使いました。

 

そのおかげで一鉢しかなかった、

シュッとした葉っぱの、ドラセナコンシンネ マジナータ を

お譲り頂けました(^^)

葉っぱの周りに、ピンクのラインが入っているのが気に入りました♪

 

P1013654.JPG

 

一番左側の小さめの葉っぱが

斑入りのベンジャミンで、お名前がベンジャミン スターライト

 

正面に当たる大きめの斑入りが、カラテア エンペラー

 

斑入りばかりになりますよと言われましたが、

後ろの方にちらりと見えている斑入りのカポックが

シュフレラといいます。

 

夏は観葉植物にドキドキして、だんだん数が増えてきて、

もうこれ以上鉢が増やせなくて、毎年買いたい気持ちをぐっとおさえてきましたが、

こんな風に寄せ植えにすれば、一鉢で沢山の葉っぱが楽しめて、

オシャレ度もアップです。

 

 

 

 

 

 

初物いちじく

 

一昨年の秋に、新しく植えたいちじく。

 

去年は沢山実が付いたけれども、時期が遅くて、

結局冬になって、熟すことなく実が落ちてしまって、

食べることが出来ませんでした。

 

まだ、木がお子ちゃまだったのかな?

 

今年は、この時期に沢山実が付いています♪

 

P1013610.JPG

 

お花が咲くのもうれしいですが、実が付いて熟していくのは

いちだんと嬉しいものです。

少しずつ赤くなっていくのを楽しめそうです。

 

 

今年は久しぶりに、無花果のコンフィチュールが作れそう。

これ、本当に美味しいのです。

 

 

1つだけ熟したいちじくがありました。

 

P1013640.JPG

 

翌朝、ヨーグルトと一緒に頂きました。

 

P1013644.JPG

 

ん~、やっぱり自家菜園って最高!!

枯らさないようにしないと、、、。

 

 

オリンピック、燃えますよね~。

リオは日本の反対側なので、時間的に厳しい。

しかしライブで見たい。。。

寝不足でフラフラしている方多いのでは、、、。

 

しかし、燃えますね~(^^)

 

4年前、内村航平選手に近しい方から、マカロンのご依頼がありまして、

内村選手の金メダルお祝いマカロンをお作りさせていただきました。

 

4年前はこのレベルだったんです、、、お恥ずかしい。

もう少しクオリティーの高い物作れる自信あるんですが、また、来ないかな~~~♪ 

ナンテネ。

 

 

さて、さて、前置きが長くなってしまいました。

 

オーダーのワンちゃんのマカロンのご依頼は沢山頂きますが、

ちょっと珍しいワンちゃんのマカロンをお作りさせていただきました。

 

DSC_025643.jpg

 

我ながら、とってもよく似た子達が作れたなと満足(^^)

眠たそうなわんこ達の顔に、癒されました。

 

 

 

8月、猛暑の庭

 

8月は、強い日差しの中で、日頃注目度の低い日陰エリアが、癒してくれます。

 

北側のベンチは、風が吹いて心地のいい場所。

外仕事の時に、ベンチに座ってぼんやりと庭を眺めていると、

色々と発想が沸いてきます。

 

P1013636.JPG

 

ギボウシは日本原産ですから、とても使える植物です。

土質の悪いこの場所でも、株がどんどんと増えてきています。

日陰に強い所も、いいですよね~。

持て余し気味のデッドスペースが、オシャレスペースになりますよ。

 

 

 P1013570.JPG

 

P1013566.JPG

 

ヤブランも、青々とした葉と、静かに花をつけ始めています。

 

P1013567.JPG

 

ここは、庭のダークスーペース。

手が行き届かずにほったらかし。

自生しているシダとドクダミ、ランブラーローズのシュートが乱れていますが、

木漏れ日のなか、ちょっとオシャレな感じがします。

 

イギリスだと、こういううんざりするような植物が、

高価なお値段で売られていたりするんですよね。。。

 

湿りけのあるほとんど日の当たらない場所は、

シダを植えるといいですね。

シダなんて買ったことないですが、一度買ってみましょうか。。。。

※シダも色んな種類があって、売ってるんですよ。

 

 

最近シェードガーデンにドキドキしていまして、

来年は、シェードガーデンに力を注いでみようかなと思っています(^^)

 

ヨーロッパでは日向で元気な植物も、

日本では、水はけのよい半日陰に植えてあげないといけない物が

ずいぶんあります。

 

夏にどうせ枯れちゃうだろうなと思って、南の花壇に植えた

アストランティア。

 

asP1012677.jpg

2016年5月撮影

 

これが枯れるどころか、株がどんどん大きく育っています♪

 

P1013534.JPG

 

こうなったら、来年の春にはイギリスで一目ぼれした株のように、

見事に咲き誇っていただきたい。

いえ、咲いて頂かないといけません。

 

午後からのきつい日差しと西日を遮るために、

果敢にアストランティアを守っているのが、薔薇の鉢。

 

一番右の鉢は、私の持っているバラの中では一番弱いとされている、

ガブリエル。

 

P1013533.JPG

 

頑張れ薔薇達!!

 頑張れアストランティア!!!

 

一番左の薔薇、ビアンビニュの鉢は、少し前うっかりお水をやり忘れて、

枯れそうになり、葉っぱが黄色くなってしまいました。

 

P1013579.JPG

 

アルケミラモリスも、一日中日の当たる良い場所に植えてあげたつもりが、、、

イギリス生まれの彼らにとっては、非常に過酷な場所だったのです。

 

アルケミラモリスも南側にはバラの鉢と、

上からもロベリアの鉢で守られています。

 

P1013615.JPG

 

 

P1013614.JPG

 

八重のサフィニアの鉢。

自身も弱りながら守っているのが、

下に植えられた、スカビオサ。

 

一昨年の冬に、一年草扱いで植えたジキタリス。

西日のガンガン当たる場所で、昨年の夏越えをして、

今年も見事に咲いてくれました。

 

gigiP1012345.jpg

 2016年5月撮影

 

枯れた葉や、終わった花柄を綺麗に掃除して、

蒸れない様にしてあげました。

 

P1013628.JPG 

 

この大株は、涼しくなったら株分けをしてあげようと思っています。

 

P1013544.JPG 

 

こちらは涼しくなり過ぎたかも。。。

 

P1013613.JPG 

 

ジキタリスも、バラの鉢とブルーベリーの鉢をずらりと並べて、西日から守っています。

 

薔薇って弱い弱いと言われていますが、

意外に強いことに気が付かれましたか?

 

そうなんです、もう、二番花、三番花と、暑さにも負けず

どんどん花を咲かせる品種も、最近はとても多くて、、、。

 

嬉しい反面、ちょっとかわいそうな気もしてきまして、

 

「そんなに頑張らなくていいんだよ」と、夏は蕾を摘んであげていますが、

地植え薔薇は、気が付けば手の届かない場所で、天高く花を咲かせています。

 

P1013530.JPG

 

P1013531.JPG

 

アプリコット色の真宙(まそら)は

部屋の私の椅子からちょうどいい所で咲いてくれて、

今も、私の目を楽しませてくれています。

 

P1013626.JPG

 

3m以上にも伸びたシュートに次々と花を咲かせているのが、ビエ・ドゥ。

 

P1013550.JPG

 

P1013529.JPG

 

青い空と、ピンクの花のコントラストが映えます。

 

P1013623.JPG

 

アーチのアブラハムダービーも、葉っぱがかなり減少している中、

少しも怯むことなく、花を咲かせてます。

3番花?4番花??

常に咲いているので何番花か分かりません。

どんだけ強いの!?と言う薔薇です。

 

 

P1013632.JPG

 

可憐なウェッジウッドローズも、

花の色もサイズも、春と変わることなく、次々花を咲かせています。

 

P1013539.JPG

 

気が付いたらこんなに咲いていました。

ローズ・ポンパドール。

す、すごいです、真夏なのに。。。

 

 

クレマチスも、春の勢いはありませんが、

どこかで必ず誰かが花を咲かせている感じです。

 

P1013542.JPG

 

ヘンダーソニーはシュートが短いので、

可愛く寄り添い立って咲いています。

 

P1013545.JPG

 

ベティ―コーニングとロマンティカのコントラストが涼やか。

 

 

P1013562.JPG

 

P1013606.JPG

 

ビオラはメアリーローズの丸っこい蕾と一緒に垂れ下がって、素敵な演出をしています。

 

 

P1013559.JPG

 

ジャックマニーも、春にひどいうどんこ病でしたが、

暑さで病気も吹っ飛び、株一杯に花をつけています。

 

 

夏は涼しげなブルーフラワーを多く植えています。

 

P1013538.JPG

 

玄関先の花壇は、

この時期毎年お決まりの、アンゲロニア

毎年、白と紫の二色を植えていますが、

今年は、4色の色々カラーで植えてみました。

宿根草ならうれしいのですが、寒くなると枯れてしまいます。

が、寒くなるまで玄関先を明るくしてくれる優れもの。

 

P1013558.JPG

 

ブルーサルビアも買い足しました。

秋に、素晴らしい色になるんですよ。

サルビアは宿根なので、来年もまた花を見せてくれます。

 

オキシペタラム.jpg

 

オキシペタラムは、色も形も、最もキュンキュンとなる小さなお花です。

ギラギラ太陽の下で頑張ってます。

 

 

最後に、夏だからこそ!!のカラーリーフ

きついコントラストのリーフは、私が最も苦手と思っていたものですが、

友人が好きで、植えてるのを見て、

コロリと気持ちが変わってしまいました。

 

 

P1013585.JPG

 

 

P1013537.JPG

 

これは、友人にもらったもの。

花瓶に入れて根を出したものを植え付けました。

買った苗より立派になりました。

 

P1013580.JPG

 

紫系のリーフもときめいている一つ。

色んなものがあるみたいで、ただ今カタログとにらめっこ中。

ただし、紫系は寒さに弱いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続いています。

と言っても、まだ今年になって舞鶴市は、猛暑日って無いんですよね、、、確か。

 

でも、ベリーも庭のお花たちも、私も少しバテてきました。

 

ワンちゃん元気?生きてる??と

いろんな方々からエールを頂いています、ありがとうございます♪

 

暑さのせいというよりも、お年のせいで覇気はありませんが

それなりに元気に、毎日コロリコロリと転びながら、生きています。

 

P1013500.JPG

 

壁にもたれて立つ練習。

一人じゃ上手に立てないんです。

 

でも、体は柔らかいでしょ?!

中国雑技団にだって入れそうです~。

 

P1013638.JPG

 

さっき、お外でおしっこ中に転んでしまって。。。(T_T)

お尻を綺麗に洗ってもらって、乾かし中です。

 

 

 

 

 

 

フラ人口、日本でもかなり多いですよね。

私の周りでも、フラされてる方、結構多いです。

 

さて、フラをされているお友達のお誕生日のお祝いに、

マカロンとクッキーのセットをお作りさせていただきました。

 

P1013451.JPG

 

P10118702.JPG

 

前回作ったものと少し変えてみました。

 

 

毎日毎日暑いですね~。

お花にお水をあげるのが精いっぱいですが、

ヨーロッパ原産、、、、なんて草木が多いので

既に、庭から消えてなくなったものもあり、

残っているものも、かなりバテ気味です。

 

最近、ちょっとこういう無理無理の植物から、

日本でも強くてたくましく育ってくれる植物に移行していこうかなと思い始めています。

 

そのお話はまたそのうち、、、

 

先ほど、那須にお住いの方とお電話でお話をしていました。

紫陽花と山百合がまだ咲いているそうで、

朝晩はカーディガンが必要なんですって。。。

 

そろそろこちらも暑くなってきますよ、、、

なんておっしゃっていました。

 

そんなところが日本にもあるんですよね、、、羨ましいです~。

 

 

さて、還暦のお祝いのクッキーをお作りさせていただきました。

 

送り主さんのご意向で、赤いドレスと

 

P1013504.JPG

 

とても可愛がられていらっしゃる、二匹のワンコちゃん達。

 

P1013508.JPG

 

6個を箱にお入れさせていただきました。

暑い時にお生まれになられたんですね、おめでとうございます。

 

 

 

還暦というと、こういう画像が出てきますが・・・

 

chanchanko_kanreki.png

 

こんな老けた60歳、古今東西いませんよね~。

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30