2014年6月の記事

紫陽花

| コメント(5)

 

今日は、お昼ご飯を食べた後、もう眠くて眠くて起きてられなくて、、、

ベッドに倒れこむように眠ってしまいました。

 

昨日、ハチに刺された毒が回ってきているように言われました。

 

顔はパツンパツンで、訪ねてきた友人もびっくりしてました(笑)

左目が半分しかあかないので、鬱陶しいです(T_T)

 

 

さて、一昨年叔母が送ってきてくれた紫陽花が咲きました。

 

P1011373.JPG

 

小ぶりな花と、この微妙な色加減。

色んな紫陽花を見てきましたが、こんなにかわいい紫陽花もそうそう見かけません。

 

「コレ素敵だわ~~♪」と送ってきてくれたのでしょう。

 

同じ株で二色の花が咲きました。

 

P1011374.JPG

 

P1011375.JPG

 

地植えにした途端、こういう色合いのアジサイが、シンプルなブルーになってしまったことあるのですが、

地植えでこの状態です。

 

 

 

ハチの攻撃

 

夕方、ふらっと庭に出て、ガレージのアルベリックバルビエ

P1010713.JPG

 

の花柄を切っていたら、

ハチ攻撃にあってしまいました(>_<)

 

ぶ~~~~ん

という音と同時に、顔に何かが当たった感じがして、

ぎゃ~~~と、家に逃げ帰った時は、

すごい痛みが顔中に走ってきて、奥歯の奥の方まで鈍痛。

 

生まれて初めて、ハチに刺されました。

 

気が付いたら刺されていたわけで、

蜂の顔を見たわけではないですが、その瞬間、

それはそれは、凄い殺意を感じました。

 

ショックです。

痛いのも、顔が腫れあがるのももちろんショックですが、

ハチに刺されるって、悪戯好きの子供だと思っていたのに、

顔を2カ所も刺されてしまいました。

 

薬を塗って、即100倍返し~。

 

ここでまた刺されたら、泣きっ面に蜂どころの騒ぎではないので、

蚊ガード用のネットをかぶって、傘をさして、殺虫剤持って

 

そしたら、バルビエを誘引しているアーチの下に、

10センチくらいのハチの巣があって、あしなが蜂が居る居る。

 

恐怖で足がすくみましたが、

ゴキブリ用の殺虫剤をふりまくって、退治しました。

 

そういえば、一ケ月ほど前に、

「あっ、蜂の巣があるよ」って言われて、

後で退治しておこうと思っていたのに・・・すっかり忘れていました。

 

何でも、ハチ用のスーパー殺虫剤があるらしいので、

買っておかなければ。。。

 

痛みは無くなりましたが、目があけにくいです。

数日間はパツンパツンに顔が腫れていると思います(T_T)

 

さて、今年はバラゾウムシが大発生しているような。。。

バラゾウムシというのは、わずか1~2ミリのアリのような虫で、

象の鼻のような口で、バラの蕾のエキスを吸い取って、花をダメにする、

バラにとって、最悪、最低の虫なんです。

 

小輪のバラが特に好きなようで、殆ど花を見ることが出来なかったものもあるんです。

この頃は、二番花の蕾にすごい数のバラゾウが住んでいて、、、

手で受けながら、ゆすったら、一杯落ちてくるの。。。

 

無農薬と言っても、花をやられてしまったら、コレは本末転倒。

とりあえず、殺虫剤を使う前に、

去年作っていた、唐辛子木酢液をスプレーしてみました。

 

P1011365.JPG

 

300倍に薄めて、スプレ~♪

 

ニンニクと唐辛子が入っていると思います。

 

すごい聴きそうですが、300倍というのは薄すぎないのかしら・・・・。

とりあえず、少し様子見です。

 

 

 

 

初夏の草花

 

あっという間に春の庭が去っていきました。

 

遅咲きのバラもほとんどが咲き終わって、クレマチスも散りかけてます。

しかし、クレマチスは一ケ月近く咲き続けて、バラが終わった後、

楽しませてくれました。

 

毎年、6月は思う存分庭仕事に没頭できるのですが、

今年はほとんど庭に出ることも出来ず、

春の残骸がひどい状態で、まるで、荒れ果てた廃墟の庭ようになっていました。

 

先日、余りのひどさに、一日庭仕事日として、

バラの花柄を切って、終わった一年草を引き抜いて、茂り過ぎたハーブをカットして、

なんとか人が住んでる感じにはなったのですが・・・。

 

まだまだ、庭仕事、やらなければいけない事と、やりたい事がいっぱいあり過ぎます。

 

 

 

さて、春が去って、夏の花が咲き始めました。

 

 

シルバーパープルの「エキノプス」

 

P1011342.JPG

 

P1011341.JPG

 

一昨年、小さな苗を買って植えたものですが、一年で株が増えて、

かなりの数の蕾をつけてます。

1メートルくらいで、ワイルド感あって、 

アレンジメントに使うと、オシャレ度アップ、超お気に入りです。

 

 

エキナセア

エキナセアは丈夫で、暑い夏も次々と花が咲いて、

ずっと庭に色を添えてくれる、これもずいぶんお気に入りで、

友人たちにもおすすめするんですが、、、どうもスルーされてるような・・・

 

儚げなお花や、神秘的なバラに比べると、グロテスクな感じだからかでしょうか・・・。

ワイルドな感じが素敵なんですけれど。

 

エキナセア・ホットサマー

赤いエキナセアです。

P1011334.JPG

 

P1011346.JPG

 

 

P1011345.JPG

 

白いエキナセアは少し背の低いタイプ

 

P1011347.JPG

 

 

P1011333.JPG

 

 

グリーンのエキナセアも背の低いタイプ

 

P1011348.JPG

 

 

P1011332.JPG

 

定番のピンクのエキナセア

バレリーナ(バラ)の陰になって、窮屈そうなので、秋になったら植え替えようと思っています。

 

P1011349.JPG 

どの色も、寒くなるまで次々と咲きます。

暑さ寒さにも強い宿根草です。

 

クレマチス・プリンスチャールズ

が開花してます。

2回ほど枯れかけたので、もうだめかと思ってましたが、

少し遅れて咲きました。

花びらが反り返ったところが好きなクレマチスです。

 

P1011340.JPG

 

白のヤロウ(ノコギリソウ)

 

P1011351.JPG

 

これも強くて、やせ地でどんどん株を増やしてます。

こういうハングリー精神のある花は、日当たりや、水はけが悪い場所でも

元気に育つので、重宝してます。

 

アナベル(アジサイ)

満開です。

P1011352.JPG

 

アナベルの横で咲いてるのは

山アジサイです。

 

P1011353.JPG

 

何年か前に、グリーンの花に惹かれて買って、

地植えしたのですが、

それ以来、全然花が咲かないので

「引っこ抜くで」と言ったら、今年花が咲きました。

よくあるんですが、

「もう抜く」と言ったとたん、咲くんですよ、本当に。

 

でも、花がグリーンじゃない。

 

 

日当たりが悪いので、花が遅いのですが、

ピンクのアナベルです。

 

P1011355.JPG

 

白よりも花が小さくて繊細です。

濃いピンクから花が進むにつれて、薄いピンクになります。

人気のアジサイですね。

 

 

オキシペタラム(ブルースター)

 

P1011344.JPG

 

水色とパープルの何とも言えない花色、そして、フワフワとした花びらや葉っぱ。

何年も前に、カフェの花壇に咲いていて一目ぼれした花です。

去年の苗がダメになったと思ったら、こぼれダネで変なところに一輪咲いてます。

 

あずきちゃんのラベルがついた、ピンクのマーガレット

寒さに弱いらしくて、冬中部屋の中に入れてましたが、大きくなり過ぎて、

今年はもういれてあげられない。

 

P1011299.JPG

 

 

 

 

 

 

 

秘密のバラ園

 

バラに魅了された人たちを、「バラ病」と言ってますが、

最近、一番の薔薇友が、かなり重症になってるようで、頼もしく思ってます(笑)

 

そして、先日オープンガーデンに来てくれた数名の方が、新たに罠にかかりました。

うふふふふ。

 

即、翌日にバラを買いに行った人、

うちにあるのと同じのを、気に入って買われた方もあれば、

頭の中がバラでグルグル回っちゃって、お庭をバラで埋め尽くす勢いになってしまった方も。

 

少しずつ、薔薇であふれる街にならないかなと常々思っているのですが、、、。

 

私は、今年は結構冷静だったんです。

正直、無農薬でガーデンを作りたいと思っている私に、バラは限界かなと。

 

充分バラも植えたし、答えてくれるバラも結構あるし、

後は少しずつ整理整頓しながら、草花を増やしていこうかなと。

 

ところがです、

新しく罠にはまった新人をお連れして、苗を買いに行ってまいりました。

そして、買ってしまっていました、6本・・・(^_^;)

 

もう、一本たりとも植える場所が無いはずなのに、

買ってしまう私は、重病というより、バカかもしれません。

 

でも、バカでもいいんです。

だって楽し過ぎるんです~。

 

ご一緒したSさん。

彼女のテンション、最高なんです。

 

着いた途端、二人でイギリスの小屋のような建物と、その周りの草花やつる薔薇を見て悲鳴を上げ、

一杯蕾をつけて、沢山の並んだ苗を見て悲鳴を上げて、

あれやこれやと物色しながら、

同じ勢いで、どんどん買っちゃって、頼まれ者も含めて、20本の苗を車に積んで帰ってきました♪

 

どこで買ったの?

 

とよく聞かれるのですが、

あんまり教えたくないんですね~。

 

だって、知る人ぞ知る、人気のバラ屋さんで、

販売している苗と同じくらい、いえ、それ以上の予約苗があって、

花を見てから買いたい私が行く頃は、売り切れ続出なんです。

 

そこに行くと、すごく元気で丈夫な苗が、一般価格より少し安くて、

そしてオーナーの女性が、本当にいいひとなものだから、

ファンは毎年増え続け・・・。

 

好みを分かってくれてるので、お勧めしてくださるものに無駄が無くて

正直で誠意があって、なので安心できて、、、

で、買ってしまうんです・・・植える場所もないのに(>_<)

 

でも、そういうのを秘密に出来ない体質で。。。

私の周りはみんな知ってますし、ここでも教えて差し上げましょう。

 

KC4F00010001.jpg

 

「アン プティ シュバル」

京都府の自然の美しい美山町です。

 

京都府南丹市美山町内久保谷ノ下33

 

高原のような涼しい所なので、バラの満開も2週間ほど遅く、6月頭頃からがちょうど見ごろです。

 

昨年までは美山町のバラ園でバラの育成、販売をされていたKさんが、

美山町のバラ園が閉館になって、新たに独立されて、新しいバラ屋さんが誕生しました。

 

大きなお店になって、一杯苗を仕入れて、これからもどんどん私を楽しませてください♪

・・・まだ買う気なの、私?!

 

さて、新しくお迎えした苗さんたちです。

 

P1011310.JPG

 

「雪あかり」のピンク版です。

桜貝とか、真珠貝とかいう名前だったと思います。

ただ今確認中

 

3㎝くらいの小さな花ですが、樹勢のいいばらですから、どこかに這わせていこうと思ってます。

 

P1011308.JPG

 

P1011314.JPG

 

河本順子さんの、「ローブ・アラ・フランソワーズ」

実は、昨年の秋に買おうかなと思ったんです。

 

病害虫に強いバラを求めている私に、弱そうですね~、来年まで様子を見てみましょうと、

育ててくださってたんです。

 

買うって決めてたわけじゃないのに、ちゃんとお取り置きしてくださっていて、

もうそれだけで、充分買っちゃう理由ですよね~(笑)

 

それに、この渋いピンク。

蕾の数。

 

でもごめんね、家に来たら来年からはこんなに花を咲かせらないと思ってね~。

 

P1011312.JPG

 

セシル・ドゥ・ヴォーランジェ

日陰にいたので白ですが、本来はピンクだそうです。

ボタンアイが好きな私にはお勧めだって。

強健だそうです(^^)

P1011313.JPG

 

 

P1011318.JPG

 

真宙(まそら)

香のいい、アプリコット色のバラです。

蕾が気が付けば満開ですが、只今、庭で大雨に打たれてます(T_T)

が、花持ちがよさそう。

 

 

P1011320.JPG

 

アルバメイディランド

 

白い小さな八重のバラは、修景バラです。

 

俢景ばらの定義がよく分かりませんが、

樹勢が強くて、グランドカバーにもなるような、

公園や道路脇などにも植えれるような、強いバラのことだと思います。

 

今、玄関先で咲いている「スワニー」も俢景ばらです。

 

P1011273.JPG

 

6月の中旬過ぎまで咲き続けます。

※写真は咲き始めの6月初旬で、現在満開です

 

白い中輪の八重で、樹勢が強くて、病気にならなくて、

花数が多くて、花持ちも良くて。

 

一輪で、人をうならすような、プリンセスのようなバラではないですが、

庭の雰囲気を、グッと出してくれるこういうバラが、私は好きだなぁ。

 

P1011274.JPG

 

P1011277.JPG

 

 

ポピー

 

こぼれダネで咲いたポピーです。

 

P1011269.JPG

 

ベビーピンクはERのジェフ・ハミルトン

その後ろの赤×白のがポピーです。

 

一株で、バラにも劣らない華やかさ。

 

P1011272.JPG

 

一気に咲いて、一気に散って、一気に枯れる一年草の儚さ・・・。

来年も咲いてね♪

 

ギガンジウム

 

小さい花がいっぱいついた、打ち上げ花火のようなギガンジウム

 

P1011303.JPG

 

これは何??と、満開になってから、よく聞かれます。

ギガンジウムという、一見ネギ坊主のような、変わったお花です。

 

大きな球根で、一個から2本花が咲いてます。

 

オープンガーデンの時は、朝日の当たる方のが少し開花始めていました。

まだ、存在感なかったですので、気が付かなかった方も多いと思います。

 

g1.jpg

 

g2.jpg

 

5月末から一気に開花して

 

g3.JPG

 

満開になってからも、ずっと同じ調子で咲き続けてます。

花持ちいいです。

 

 

こんなネギ坊主なのに、結構高かったりするんです。

 

それに、とても大きな球根なので、一つの球根から一杯咲くと思いこんで

3年ほど前1個買ったんです。

 

 

ところが1個しか花が咲かなかったんですよ(T_T)

 

当たり前と言えば当たり前ですが、

 

子供のころ、ざるそばのざるの下に何かがあるはずと、

期待に胸を弾ませながら、

そばを食べた後、ざるの下をあけたら

 

そこには何もなかった・・・。

 

あの時の、裏切られた感、思い出してしまいました。

 

もう二度と買うまいと思ったのですが、

昨年、今度は思い切って数を注文してみました。

 

P1011290.JPG

 

これ、これ、これ~♪

これなんです~。

この光景が見たかったんです(*^_^*)

 

 

 

クレマチス

 

バラがピークを越えて、次はクレマチスがいっせいにピークを迎えてきました。

 

まずは、見応えのある大株に育った、白万重

 

P1011248.JPG

 

白万重×ロマンティカ

P1011251.JPG

 

P1011034.JPG

 

そして、今年も元気に満開をむかえた

アフロディーテ・エレガフミナ。

細い花びらと、濃い紫の、おしゃれなクレマチス。

 

P1010789.JPG

 

 

P1010790.JPG

 

その後ろにお店で一目ぼれをして買ったのが、

同じような花姿の、ファルセット。

花芯の濃い紫がいいでしょ♪

 

P1010922.JPG

 

ファルセットと一緒に咲き始めたは、アルバラグジュリアンス

白とグリーンが爽やかな小さなお花のクレマチス。

 

P1011234.JPG

 

P1011254.JPG

 

ピエール・ド・ロンサール×モーニングヘブン

P1010822.JPG

 

 

 

P1010906.JPG

 

 

 

スワニー(バラ)と一緒に咲くクレマチスは、ラベルがどこかに飛んで行ってしまって、

名前が分かりません・・・。

 

P1011232.JPG

 

 

全然花が咲かない、サマースノー(バラ)^^;は、入り口のアーチに誘引しているのに・・・

どうしたものかと悩んでいます。

サマースノーのかわりに、元気いっぱい花を咲かせるのは、籠口。

ベル型の強いクレマチスです。

 

P1011206.JPG

 

 P1011208.JPG

 

ブラックプリンス×ホワイトマジック

P1011252.JPG

 

P1011215.JPG

 

P1011091.JPG

 

エトワール・ヴィオレット

 

P1011204.JPG

 

P1011205.JPG

 

ER グラハムトーマスの上で咲く、ビオラ

 

P1011195.JPG

 

P1011197.JPG

 

ちっちゃな八重のクレマチスは、メアリーローズ

 

P1011200.JPG

 

メアリーローズは咲き始めで蕾がいっぱいついてます。

 

P1011198.JPG

 

 

ピンクのバラ、バレリーナ×ブルーボーイ

 

P1010898.JPG

 

P1010899.JPG

 

デュランディ

 

P1010962.JPG

 

カシスは、白万重のパープル版のようなクレマチス。

 

P1011032.JPG

 

ベル型のベティ―コーニング

P1010741.JPG

 

大輪系の濃いピンクのクレマチスも、ラベルがどこかに飛んで行ってしまってます。。。

 

P1011186.JPG

 

バラに挟まれて、後ろの方でひそかに咲いているのは、

アラベラ。

前に植え替えようと思った時には、すでにしっかり根ついてました。。。

ごめんねぇ、考えなしで植えちゃって

 

P1010808.JPG

 

プリンセス・ダイアナはウィリアム&キャサリンと言う

イングリッシュローズの横に植えてます(^^)

 

P1011210.JPG

 

さらに遅咲きのクレマチスも今から開花です。

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30