ブリオッシュ

 

今日は午後から、マカロンをサクサク焼いていました。

メレンゲを作って、アーモンドと粉糖を混ぜて、絞り袋に入れて、オーブンの中も見ながら

と、とても忙しく手が離せないのですが、

そういう時に限って新聞の勧誘とか、

アパートを建てませんか(誰がどこに建てるんじゃ!)とか、どうでもいいようなピンポンがなって、

うるさく思っていたら、

少し前、ピンポンがなったので、玄関に出てみたら、

なんとなんと、可愛い~♪若い男の子が2人立ってるんです。

ハーフっぽい男の子と、一人は外国人ぽい顔立ちの男の子で、

キリスト教の布教をしていて、イエスキリストの話を聞いてくれと。

 

あんまりかわいかったので、「はいはい、聞きましょう、どうぞどうぞ♪」と言いそういなりましたが、

 

「とっても残念ですが、今手が離せないし、私は仏教徒なんです、ごめんなさい」って言ったら、爽やかに帰っていきました。

仏教徒って・・・信仰心あるのかと言われると困ります^^;

 

 

どうでもいい話です。

 

さて、今日はブリオッシュを焼きました。

 

 

 

卵黄と牛乳でこねて、たっぷりのバターを入れます。

リッチパンと言われるだけあって、かなりリッチなパンなのですが、

見た目は地味なんですね。

 

DSC_1231.JPG

 

焼き立てはふわふわサクサクです。

バターの香りが口の中いっぱいに広がって、ふわふわサクサクの口当たりです。

カフェオレと一緒に食べたら、フランスの朝!!ですね。

 

毎日食べる物なので、なるべくバターや砂糖は控えて、シンプルなパンを作っているつもりなんです。

なので、クロワッサンもバターはギリギリまで控えてます。

 

そんな私がブリオッシュを焼きたいと思ったのは、

少し前、都内の親戚の女の子が、美味しいお菓子やパンを一杯送ってきてくれたんです。

 

パンの入った袋に、「なおこのぱんがいちばん」と付箋が貼ってある所が笑えたのですが、

(あ、私がなおこです。)

 

ブリオッシュ生地の菓子パンが入っていて、

それがとてもおいしかったんです。

なので、それ以来ずっと作りたいと思いながら、バタバタが続いていて、

やっと普通のブリオッシュですが、今日焼けました。

 

バターはたっぷり入れましたが、お砂糖はあまり沢山いれていないので、

朝ご飯にはいいかなと思います。

頂いたパンみたいに、もう少し甘くして、スィーツみたいなパンにしてもいいかな。

とも思っています。

 

 

とっても刺激を受けた箱には、こんなめずらしいものも入っていました。

 

完全紹介制で、会員でないと予約すらできない、

予約2か月待ちと言う、村上開新堂のクッキーです。

 

DSC_0034.jpg

 

間の中にぎっしり詰まったクッキーたち。

 

そんな珍しい物は、おすそ分けしなきゃ。

と思って、小袋に入れておすそ分けを始めたのですが、

 

美味し過ぎるんです、このクッキー。

バターがたっぷり入っているクッキーももちろん美味しいのですが、

そういうのとは一味、二味違っていて、

軽いのですが、硬派なクッキーで、とっても美味しくて、

途中でおすそ分けはストップさせてもらって、

タイミングよく、家に来てくれた友人などに、

「ちょっとお茶でも飲んでって、食べて食べて」と食べてもらって、

 

私はと言うと、「どうしたらこういうのが作れるのだろう」と、研究心を持って

興味深く、ほとんどの種類を食べたのですが、

どうしたらこういう風に焼けるのか、何もつかめないまま、

「美味しいわ~」と、食べ終わってしまいました(^_^;)

 

クッキー作りの欲求にも心を囚われている今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30