2013年10月の記事

秋の庭

 

雨ばかりの10月でしたが、やっと秋晴れの日が来ました。

 

庭仕事がしたいなぁと思ったとたん、何やら忙しくなり始めてきました。

 

ビオラやシクラメン、それに先日買ったバラもそのまま置いてあり、

一年草の種も半分ほど撒いて、残りの半分はまだ買ったまま袋に入ってます。

撒いた種の苗が成長してきてるので、そろそろ植え替えないといけないし、

そろそろ、チューリップなどの球根も植えないと、と、焦ってます。

 

さて、晴れの日が続いて、秋のバラが、綺麗に咲いてます。

 

2013aw1.jpg

 

2013aw19.jpg

 

パープルのHTニューウェーブです。 

とっても綺麗です。

春に買ったばかりの苗で、沢山は咲いてませんが、

プランターであまり雨の当たらない玄関先に置いてます。

ヒラヒラとした花びらと、うす紫色が、上品なバラで、花持ちがいいのが、嬉しいです。

良い香りがします。

 

 

2013aw12.jpg

 

2013aw7.jpg

 

2013aw6.jpg

 

2013aw11.jpg

 

とってもよく咲く ERの「アブラハムダービー」

5年目です。

株が大きくなって、春も沢山の花を咲かせましたが、

それ以降も、常に花を絶やすことなく咲き続けてます。

強香で、強健、色も、花の形も可愛い、お気に入りのイングリッシュローズです。

 

イングリッシュローズの花持ちの悪さも、これだけ咲いてくれれば、

許せます。

 

2013aw2.jpg

 

2013aw16.jpg

 

こちらもイングリッシュローズの 「ジュード・ジ・オブスキュア」

秋になって、グッとシックなカラーで咲いています。

カップ咲の、大人っぽい美しいバラです。

去年の冬に、大苗を植えたもので、まだ苗はそんなに大きくないですが、

こちらも繰り返し繰り返し、ずっと咲き続けてます。

ただ、雨にあたると、花びらが傷ついて、綺麗に花を咲かせられません。

 

2013aw4.jpg

 

2013aw5.jpg

 

こちらもイングリッシュローズの「エブリン」

イギリスの「クラブトリー&エブリン社」のシンボルローズだそうです。

香水にも使われるという香は、幸せになるようなフルーツの香りがします。

 

春は、「アブラハムダービー」との違いが、分かり辛かったのですが、

秋の花は、アブラハムより、ライトなアプリコットで咲いてます。

 

2013aw20.jpg

 

こちらも、ER「ザ・ピルグリム」

レモンイエローのバラですが、あまり咲きっぷりが良くないです。

中輪かと思っていましたが、イギリスのオースティンのバラ園では、大輪でした。

去年の秋に買って植えたので、これからでしょう。

 

20134.jpg

 

ER「グラハムトーマス」は黄薔薇の殿堂入り。

去年の秋から、今年の春にかけて、黄バラのブームがやってきたときに買いました。

昨年の冬に大苗を植えたのですが、成長ぶりはイングリッシュローズの中では、

「コンスタンス」に次ぐ勢いです。

 

2013aw3mari.jpg

2013aw17.jpg

 

マリーキュリーIYC2011

キュリー夫人にゆかりのバラです。

今年の春に、ヒラヒラとした花びらに誘われて、衝動買いしました。

これが、意外に強くたくましく、花を絶やさずに咲き続けていて、

これからが楽しみのバラです。

 

2013aw15.jpg

 

2013aw9.jpg

 

P1010155.JPG

 

これは、ずいぶん昔からあるバラで、

「クィーンエリザベス」

殿堂入りバラだそうですが、ブッシュで、背丈よりも高くなって、なんとなくあしらいにくくて

正直、いらないかも・・・^^;

と思うこともあるのですが、元気で、とにかくよく咲きます。

秋になると、これが切り花に重宝するので、

そうはいっても、毎年お手入れもしてます。

 

あまり四季咲きにこだわっていなかったので、春に狂ったように咲く一季咲のバラが多いのですが、

やっぱり、花のない夏や、秋に庭を彩ってくれる四季咲きに、

最近やたら魅力を感じ始めました。

 

こうして秋バラを見ていると、イングリッシュローズに魅了されます。

 

春は高温の日が急に来たりして、一気に咲いて散ってしまうイングリッシュローズも、

秋は、そこそこ花持ちもよく、何よりどんどん花を咲かせてくれるので、

「もう、イングリッシュローズは買わない」と思っていたのがウソのようです。

 

2013aw21.jpg

 

 

 

 

マカロンにマカロン

マカロンに、ビスケット

マカロンに、アイス・・・

 

スィーツを描いたマカロンです。

 

DSC_0902.jpg

 

マカロン・スィーツ

 

 

レモンの木

 

台風が去って、、、暑いですねぇ。

10月なのに、まだまだ夏服が直せません。

 

先日植え替えたモッコウ薔薇と、ジューンベリーが

暑さに耐えかねています。

 

実は、ジューンベリーも1月まで待てずに、植え替えてたんです。

 

P1010096.JPG

 

かなり強引に引っこ抜いたので、葉っぱは全部黄色くなって落ちてきて

モッコウ薔薇より重体な感じです、、、

 

我ながらひどいことをしてしまったと、

毎朝、激励の言葉をかけているんですが。。。

 

先日買ったというか、買ってもらったというか。。。

妹の友人の花屋さんが、かなり頑張って探してくれたそうです。

 

P1010065.JPG

 

立派なレモン苗です。

とりあえず、来年の春まではプランターで育てます。

 

P1010066.JPG

 

まだ青いですが、一杯実がついてます♪

数えたら、16個ありました。

台風18号で、プランターごと倒れて、1個折れていたので、

今は15個です。

 

こんなに鈴なりなレモンは、最初で最後かも・・・

 

何故なら、レモンは寒さに弱くて、日本海側の冬が苦手なんだそうです。

 

「日本海側では育たない」とも書かれていますが、

ご近所のレモンはとっても大きな木になってます。

少しずつ色づいてる実を毎日見るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

ヨークシャテリアくらいしか知らなかったのですが、

テリアって、色んな種類がいるんですね。

 

ラッセルテリア.jpg

 

エアデールテリアと

 

P1010081.jpg

 

ワイヤーオックステリア

 

色んなテリアのリクエストを頂いております。

 

どの子も天真爛漫そうな、まん丸の目、

クリクリとした柔らかそうな毛、

ちょっと違う毛並みの子もいますが、

サイズ的にも、大きすぎず、小さすぎず・・・。

 

どれもこれも、欲しくなる要素がたっぷりで、、、

今、欲しい欲しい病になってます。

 

 

 

先週、簡易書留で先月受けた「がん検診」の、胃検査のフィルムと、紹介状が送られ来ました(・・;)

「要精密検査」

 

ガーン!!

 

来るべき時が「来た~~!!!」って感じで、大変おののき、ナーバスになっておりました。

「開封しないでください」とハンコが押してある封筒を、開封して中を見ると(でへっ)

胃の下あたりのレリーフが乱れている。とのこと。

レリーフの乱れ??

ネットであれこれ調べたら、胃の皺に乱れがあることを「レリーフの乱れ」と言うのだそうです。

 

胃潰瘍?

十二指腸潰瘍?

早期胃がん?

胃がん?

 

と項目がいろいろあって、

胃炎?

に〇がついてます。

 

胃炎?胃がんじゃなくて胃炎なの??(*^_^*)

とホッとしたり、

いやいや、こんなのは何の当てにもならない、

と思ったり。

 

胃がんの初期症状は見過ごすような軽い物だそうです。

以下がそう。

 

・漫然と続く胃の不快感・・・・不快感なし

・食欲不振・・・・有り過ぎ^^;

・吐き気が続く・・・・全然なし

・胸のもたれ・・・・これも無し

・黒色の便が出る・・・・出てない

・体重が減少し始める・・・・減ってない

・げっぷが頻繁に出る・・・・出てない??出てる???出てるやん!!!

 

そういえば、ゲップが出ることがある・・・。

あ~やっぱり。

 

すぐに胃カメラの予約をして、本日、初胃カメラ飲んできました。

飲むというか、鼻から入れるんですね。

 

太いコード位の黒いクネクネした棒の先がライトでピカ~っと光って、クネクネと鼻から入っていくんです。

エイリアンみたいで、超気持ち悪いですが、

ジェル状の麻酔を鼻から吸っていた為か、そんなに痛くもなかったです。

もちろん、あんなものが鼻から入っても、鼻血も出ません。

 

すぐに結果は出ました。

白でした。

 

自分の体の中を初めてみました。

 

胃の中って、つるっと光った肌色で、耳の穴のようにシワシワで、

何だか変なものでした。

 

最初から先生が、「まぁ大丈夫でしょう」とは言ってくれてたんですけれど、

ホッとしました。

 

ピロリ菌の検査のための採決をついでにしてもらって

「ありがとうございましたっ!!!」と元気に挨拶をして、帰ってまいりました。

 

無駄な時間、無駄な心配でしたが、

苦手とか言わずに、ちゃんと受けないといけないと、痛感しました。

 

と言うことで、先週末はナーバスでしたが、それでも結構やることはやってます。

 

本当は12月以降の気温がグンと下がって、

根が休眠しているときにやらないといけない、バラの移植ですが、

冬は寒いし、忙しくて時間もないので、「せめて10月」と

10月を待って、やってしまいました。

 

P1010083.jpg

 

生い茂るモッコウ薔薇。

 

花後にガツンと剪定しましたが、

あちこちからどんどんシュートが出てきて、トユの間にも枝が入り込んでます。

 

P1010085.jpg

 

そして、花壇の下には防草シートが貼ってあるまま。

 

「何でそんなことしたんですか!!」と、今年バラ屋さんに言われて始めて、

防草シートを張るとバラの根は、根詰まりを起こしてしまう事を知りました。

 

根をなるべく切らないように、丁寧に土を取り除いて、

クレマチスを取り除いて、そしてモッコウ薔薇。

 

びっしり根が張ってましたが、意外に簡単に土はほぐれました。

 

P1010087.jpg

 

これを数メートル離れた花壇に移動です。

重たいです。

 

ずるずると引きずって、新しく作った花壇に移植完了!!

 

P1010088.jpg

 

バックヤードなんですが、アパートが建って、バルコニーから丸見えになっていたので、

目隠しの為にも、一役買っていただこうと思っております。

 

苗を買ってから、3度目の移植です^^;

ここを最後の地と思ってもらって大丈夫です。

 

ただ、枝先の葉っぱがチリチリしてきてます。。。やっぱり10月はダメだったかなぁ。

 

 


 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30