2013年6月の記事

 

梅雨入り宣言した途端、ピーカンの毎日で、

6月なのに、食欲も落ちてきて、夏バテぎみです。。。

 

今日の午後から、雨が降るそうなので、私も、花も、木も、雑草も、期待大です。

 

雨水タンクというのを買ったのですが。。。

 

P1010326.jpg

 

とゆから落ちてきた雨水を貯める、エコグッズです。

一昨日、久しぶりの雨で、やっとたまりました(^^)

なかなかの重宝物です(雨が降れば・・・ですが)

 

市によっては、補助があるようなのですが、残念ながら、

舞鶴市は無しでした。

 

さて、とってもかわいいポピーが咲いてます。

ポピー.jpg

 

ポピー2.jpg

 

オールドローズのような面持ちの、中輪のポピー。

しかも、なかなか散らないんです。

 

昨年、色々取り寄せた種の中にあったようなのですが、

白と、ピンクと、パープルが一株ずつ咲いてます。

 

こんなポピーの種は買ってないので、どこに混ざっていたのだろう。。。

ちゃんと種を採取しなければ、、、、と思ってます。

 

 

遅咲きの白バラ

 

遅咲きのバラが満開を迎えました。

遅咲きは白がいいなぁ。

気温が上がってくる6月の花は、クールな色が爽やかです。

 

雪あかり

P1010244.jpg

 

P1010318.jpg

 

本当に灯りのようです。

 

少し薄暗い早朝や、夕暮れ時なんかはひときわ輝いて見えます。

 

純白の、2~3㎝の花がびっしり。

これもバラなんですよ。

 

 

シーフォーム

 

DSC_0893.jpg

 

DSC_0894.jpg

 

中央がうっすらピンクの、白バラです。

甘い香りで、房になって沢山の花をつけます。

 

これも、強健です。

夏も、秋も繰り返し繰り返し咲きます。

 

ミニバラ・グリーンアイス

P1010276.jpg

 

地植えにしました。

ボタンアイのある、ミニバラです。

花数は、雪あかりには届きませんが、白からグリーンになっていく花色と、

ボタンアイが、とても魅力的です。

寒くなるまでこれも咲き続けます。

 

私がバラを買う第一条件は、

とにかく強い。

 

一季咲でも、四季咲きでも、なんでも構いません。

 

地植えに出来て、たいした手をかけなくても、病気にもならず(黒点病は仕方ありません^^;)

毎年花を咲かせてくれることが、とても大切。

 

なので、私の買うバラは、どこにでもあるメジャーな人気のある種類ばかりです。

 

 

「難しいですよ、古田さんには」

と言われるバラを買ってしまいました。

 

ニューウェーブ

 

P1010319.jpg

 

DSC_0888.jpg

 

満開過ぎても散る気配がないです。

 

蕾がいいでしょ♪

 

DSC_0890.jpg

 

こういう感じが、最近の流行みたいです。

 

ひらひらとした花びら。

薄いグレーがかった、パステルカラー。

単調な色じゃないです。

切り花にしても、花持ちがよく、なかなか散らない

 

バラのコレクターHさん家にいくと、こんな変わったバラばかりが、ずらっと並んでいます。

その代り、本当に大切に大切に育てていらっしゃるんですよね。

 

私とは全く違うタイプのベテランガーデナーさんです。

 

地植えにしない方がいいと言われたので、鉢に入れて、

このバラに限っては、消毒もして、特別扱いで育ててみます(笑)

 

最後に、満開

クレマチス「エトワール・ヴィオレット」

これも、初心者用、強健クレマチスです

 

DSC_0896.jpg 

 

 

 

 

 

 

思い切りラブリーに・・・。

 

ラブリー.jpg

 

思い切り派手に・・・。

姫ギャルみたいな、というご依頼のマカロンです。

 

キラキラしたものとか、派手なものも好きなんですが、最近とても遠いところにおりまして、

キラキラ感とか、派手派手感とか、ギャルっぽさ、

これで精一杯。

 

 

 

バラのコンフィチュール、出来上がりました。

 

P1010309.jpg

 

ご予約いただいている方には、順番にお届けさせていただきます。

 

アイスやヨーグルトと添えたり、

ワインなんかに入れてもおしゃれですね~。

お水に入れても、とっても素敵になります。

 

たまに、日常から少し離れた気分になって、バラのジャムで女子力アップしてみてください。

 

 

P1010066.jpg

 

マダムアルディでつくっています。

薄い、小さな花びらが重なった、ボタンアイのあるとても品のあるバラです。

 

赤いバラなら、真っ赤なジャムが出来るところですが、

白バラなので、フランボワーズを少し入れて、色を付けています。

 

2本植えていましたが、1本はテッポウムシが根っこに入って、昨年枯れてしまいました。

なので、残りの1本と、

昨年の冬に植えた、バリエガータ・デ・ボローニャ数輪で作りました。

 

来年はボローニャが、もう少し育ってくれているといいのですが、

なにせ、一度枯らしたことのあるオールドローズなので、、、

 

P1010218.jpg

 

「いい香りがする」と言われるコンフィチュールですが、この香りは、マダムアルディーの香りです。

マダムアルディーの前を通ると、

私の作ったバラジャムの匂いがします。

 

マダムアルディ、もう一本買おうかと思っているのですが、

他にもねぇ。。。欲しいバラが一杯あって、

でも、植える場所はもうなくて。

 

なのに明日、また友人とバラ苗を買いに行ってきま~す(#^.^#)

病気ですね・・・。

 

 

クレマチス

 

叔母からもらった、一冊のクレマチスの本に載っていた、

黄色のバラとパープルのクレマチスが絡んでいる小さなワンカット。

 

色の組み合わせとか、雰囲気に魅せられて、一昨年から、

お店で見つけては、パープルのクレマチスを買い集めています。 

 

それが、昨年の秋からこの春にかけて、買い集めるというより、

ネットで買いあさるという感じ、

 

「いったいどこに植えるのか??」と、心配されていますが、

その通り、植える場所に困ってます。

 

充実した苗から、花が順番に咲き始めました。

 

お気に入りの、アフロディーテエレガフミナ 

濃い紫、色がいいです。

細長い花びらも、花付きがいいのもいい。

 

P1010077.jpg

 

DSC_0795.jpg

 

5月中旬頃、白バラが散った後も、エレガフミナは、満開です。

 

P1010247.jpg

 

 

 

白万重

 

P1010225.jpg

 

何度も枯れかけていて、弱いのだか、強いのだか・・・

元気に満開なところを見ると、強いクレマチスです。

 

実はこの苗、ホームセンターで、たたき売られていたというか、

死ぬ寸前のを、4年ほど前に買ったものです。

帰ってきて、

「これ、草やん!!草買ってきてる~!!!(笑)」

と笑われて、仰天しました。

 

私が大切そうに買ってきたのは、クレマチスの横にどこかから飛んできた種から生えた雑草で、

肝心のクレマチスのというと、枯れた爪楊枝みたいな様子だったんです。

 

適当に花壇に植えて、

2年ほどは、生きてるのか死んでいるのか、私もほとんど関心なかったのですが、

去年あたりから、花が咲き始めて・・・(涙)

この満開の姿、褒めてあげてください。

 

 

P1010226.jpg

半開きの感じが好きなんです

 

満開になると、

P1010266.jpg

ボンボン菊のようになってしまいます。

 

 

籠口(ろうぐち)

P1010236.jpg

 

P1010238.jpg

 

アーチに絡ませてある白いバラが、元気がなく、

その代わりに、隣に植えてある籠口が、すごい勢いで伸びて花を咲かせてます。

ベル型の、濃いパープルのクレマチスです。

 

 

エトワール・バィオレット

P1010232.jpg

 

P1010252.jpg

 

P1010231.jpg

 

アプリコットのバラと一緒に咲いてほしかったのですが、バラを飛び越えて、上まで行ってしまいました。

 

 

札がなくなっていて、名前がわからなくなったのですが、

多分、エリオスティモン。

ひらひらとちょうちょが飛んでいるように咲きます。

P1010233.jpg

 

P1010234.jpg

 

 

ベノーサ・バイオラセア

少し和風な感じの中輪のクレマチスです。

 

P1010255.jpg

 

黒に近いパープルのクレマチスは

ロマンティカ

 

P1010267.jpg 

 

不思議なんですが、物覚えが非常に悪いのに、

花の名前は、乾いたスポンジのように、どんどん入ってくるんですねぇ。。。

不思議ですね~。

 

 

 

そして、黄ばらです。

 

どちらかというと苦手だったんです、黄色の花が、、、

でも、突然気になりだして、気になりだすと、一瞬で大好きになって、

昨年の冬から、黄バラデビューしました。 

 

大嫌いだった男の子が、急に気になりはじめて、そして気が付いたら好きになっちゃってる

そんな感じでしょうか。

・・・そういう経験、無いんですが・・・。

 

 

 リトルルチア

P1010097.jpg

 

先週、植えたばかりで、花は一杯ついていますが、まだ小さいです。

今後、上手くいけば、こんなになる予定。

  

P1010045.jpg

 

姫路バラ園撮影

 

そして、黄バラの王道、グラハムトーマス(ER)

山吹色の、大きなコロッとした花。

 

P1010086.jpg

 

P1010112.jpg

 

はやく大きくなって、禿げ頭みたいになっているアーチを

覆ってほしいです。

 

ザ・ピルグリム(ER)

レモン色の爽やかな中輪のイングリッシュローズです。

 

P1010209.jpg 

 

この辺りには、

 

メアリーローズ

P1010262.jpg

 

デュランディ

 

DSC_5905.jpg

 

プチフォーコン

P1010092.JPG

 

ビオラ

P1010259.jpg

 

等々の、色々パープルを植えました。

まだ株が小さいので、違いもよく分からないのが数本あります。

 

こうやって写真を並べて見てみると、同じ様なクレマチスばっかり

植えてしまってますねぇ・・・。

 

 

そして、場所は違って、

赤いクレマチスは、プリンセス・ダイアナ

P1010240.jpg

 

 P1010241.jpg

 

そして、白いバラは、「ウィリアム&キャサリン」

 

親子でね・・・。

 

 

因みに、「プリンス・チャールズ」という、薄紫のクレマチスも植え場所に困って、

鉢のまま、置いてあるんです。

いっそ、全部まとめて植えるのもアリでしょうか。

 

実はまだまだクレマチスあります。

 

植え場所に迷って鉢のまま置いてあるもの、

大輪が、固めて植えてある場所とか^^;

 

 

 

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30