2013年4月の記事

 

気が付けば、タイムが満開です。

 

DSC_0673.jpg

 

「グランドカバーにいいよ」と小さな株を頂いてから、

私の庭には、至所に咲いているタイム。

石垣や、煉瓦の花壇をしだれ咲く姿が、とってもかわいいです。

 

そして、強い。

お肉料理に合います。

 

小さなプランターでも、とても可愛いです。

切り花として、小さなグラスに入れても、素敵です。

 

沢山あるので、欲しい方は、取りに来てください。

強いので、おとどけの荷物に一緒に入れることも問題ないですので、言ってくださいね(^^)

 

DSC_0632.jpg

 

ラベンダー

 

DSC_0623.jpg

 

キャットミントも強いですね。

今、ブルーの花をいっぱいつけてます。

 

小さなポットに入った苗を買ったのが、一年で、大株です。

虫が来ないというので、バラの下に植えました。

でも、虫は来てます。。。

 

DSC_0633.jpg

 

DSC_0676.jpg

 

ワイルドストロベリー

 

一度、増えすぎて抜きまくったら、絶滅してしまい、

また、昨年友人にもらって花壇に植えました。

 

数か月で、すごい勢いで増えて、一杯白い花をつけてます。

お花が終わった後に、小さな実が付くのかな・・・。

 

他にも沢山あるのですが、まだ花が咲いていなくて、草みたいです。

 

来週あたりから、タイム、ディル、チャービルなどなど、

フレッシュハーブを入れたパンを焼きます。

暑くなると、ハーブがとっても美味しいですから。

 

前置きが長くなりましたが、

ハーブのイラストのマカロンです。

 

DSC_0623.jpg

 

ナチュラルなイラストのマカロンです。

 

ドクダミは、ハーブに入れてもいいものなのか。。。

4枚の花弁が、とても可愛いんです。

可愛いのですが、ドクダミだけは、とても迷惑な花です。

地下茎なので、根絶はほぼ無理。

とりあえず、毎年これ以上増えないように、一生懸命抜きますが、

少しずつ増えてるような気がします(>_<)

 

ハーブマカロン

¥960~

 

 

 

 

白い花は、いろいろあるのですが、そのほとんどが、アイボリー。

 

 

でもイベリスは違います。

目を見張るような純白です。

 

10㎝ほどの背丈で、グランドカバーのように咲きます。

 

DSC_0595.jpg

 

最も好きな花の一つです。

 

何より、強健。 

暑さにも、寒さにも、雪にも霜にも負けず、

植えっぱなしの、ほったらかしでも、

毎年少しずつ成長して、春に純白な花を咲かせます。

 

こういう花を集めているんです。

 

夏の暑さにも、霜や雪にも負けない、手入れ不要の宿根草。

 

アネモネ&パンジーが、思い描いていたように育ってきました(^^)

 

DSC_0592.jpg

 

計算したようなトリコロールカラー。

 

 

...でも偶然。

 

 

そして物置に、目隠しが出来ました。

 

DSC_0609.jpg

 

DSC_0610.jpg

 

チラチラ見えてるんですが、

本当は、見せる収納場所にしようと、作ってもらったスペースなんです。

観葉植物や多肉植物や、雑貨を飾って、はさみやら、スコップをかけて、

そう、よくある雑誌のナチュラルなもの置き場。

 

でも、到底無理な話でした。

 

そもそも、私の持っているものは、その辺で買った安価なものばかり。

普通の汚れたスコップだったり、

ジョロもバケツも水色のプラスチック。

見せておいていても、決して美しくは無いです。

 

土も、肥料も、決しておしゃれな袋に入っているわけではなく、

種類もやたら一杯あるし、

 

離れた場所に置いた植物は、気が付いたら水切れで、枯れているし。

そして、片付け苦手。。。

 

なので、目隠し柵を作ることにしました。

 

リフォームの時に、取り外した板を置いてもらっていたので、

それをまず同じ幅に切って。。。。

 

小さな電気ジグソーを出してきて、切りはじめたのですが、

これが、かなり難しいです。

ゆがむし、刃はすぐに折れてしまうし、

(後で分かったことですが、入れ方もダメで、刃の種類も本体に合ってませんでした^^;)

 

一時間以上やって、やっと2メートルほどの長さの板のサイドが一本切れたけれど、

カーブしているし、切り口はガタガタ。

腕は疲れているし、とても気の遠くなるようなことだったので、

お隣の、大工さんに木のカットだけお願いすることにしました。

 

丸鋸であっという間に、ここに使った板の全部を切ってもらいました。

本当に、あっという間に。

 

何時ものことなので、それではいけないと言ったのですが、

切り賃を取ってもらえる所か、取り付けも全部やってもらって、あれこれ教えてもらって、

一杯あって使わないからと、丸鋸も頂いちゃって...

昔から、家にある大工道具の多くは頂いたものなんです。m(__)m

 

頂いた丸鋸で、扉を作りました。

使わない物と言っても、充分プロ仕様ですから使い勝手良いです。

私でも、瞬時に、まっすぐに板がカットできます。

 

これは全て自分で作りました。

 

DSC_0612.jpg

 

調子に乗って、穴をあけてタイルを埋め込みました。

 

ただ、裏側が酷い状態です・・・大工さんも苦笑。

「まぁ素人にしたら立派立派、でも、もうちょっときれいに仕上げときな」言われてます。

 

これ全部、国産のヒノキです。

柿渋を塗りました。

 

 

双子

 

昨日割ったたまご。

DSC_0556.jpg

 

2個じゃないです。

大きいと思ったら、黄身が二つ入ってました。

何だかうれしい気分。

これは、前にも見た気がします。

 

少し前黄身が入っていない卵もあったんです。

これは写真にしても、卵黄を取りだした後の卵白みたいなので省略。

 

逃げられた気分でした。

 

冬場は、毎月200個以上の卵を割りますが、

卵黄がいない卵は生まれて初めて。

 

いずれも、舞鶴市西方寺の平飼い有精卵です。

 

 

少し前、犬のマカロンをブログで紹介させていただいた後、

沢山の方から、愛犬のマカロンのご注文頂いています。

ありがとうございます。

 

可愛いお写真を送って下さって、

みてるだけで癒されます。

 

ただ、飼い主の方の思い入れが、マカロンで表すことが出来ているのかいないんだか。。。

 

精いっぱいお作りしていますが、期待を裏切ってしまっていたらすみません。

 

buru.jpg

 

この子たちは、イングリッシュブルの兄妹です。

 

DSC_0464.jpg

 

オシャレな子たちで、ピンクのメッシュとか入ってました(^^)

 

DSC_0466.jpg

 

DSC_0469.jpg

 

天国に行ってしまった凛々しいハスキーです。

 

DSC_0417.jpg

 

DSC_0425.jpg

 

 

DSC_0423.jpg

 

 

母の日マカロン

 

一日毎に、色鮮やかになる花壇を見るのが楽しみな今日この頃です。

 

昔、母の誕生日や、母の日に、

「何か欲しいものある?」と聞いても、

「気持ちだけで充分、お金使わなくていいよ」と必ず言われたので、

そうなんだと思い込んでいました。

カードひとつでとても喜んでくれたので、結構満足していたのですが、

最近になって、ちょっと無理していいなぁと思うものをプレゼントしたりすると、

喜び方が一段とアップしていて、

やはり気持ち+品物だったりするんだ。。。と思ったりします(笑)

 

さて、そんな母の日のマカロンが出来ました。

 

DSC_0509.jpg

 

DSC_0510.jpg

 

より&団子です。

 

母の日マカロン

カルトナージュボックスに入れていただくと、とても素敵な贈り物になります。

 

 

 

 

 

生地が好きな人は、良くご存知、イギリスのリバティー社の生地で作ってもらいました。

 

DSC_0541.jpg

 

DSC_0540.jpg

 

リバティ生地というと、濃い色彩の小花柄しかないのかと思っていましたが、

色々あるんです。

 

素敵な生地が一杯あって、選ぶの大変でした。

悩んだ結果、ピンクと赤の生地にしました。

実は、赤い方の生地は、私が買った後すぐに、完売になっています。

 

今回もお忙しいSさんが無理をしてお作り下さいました。

感謝です。

とても丁寧に作られており、お勧めです。

 

ピンク花柄

レッド花柄

 

母の日用に間に合いました。

DSC_0533.jpg

 

母の日にマカロンとご一緒にどうぞ

母の日マカロン

 

 

チューリップ

 

昨年の11月ごろ、

もう、スペース無い・・・と思うくらい、

チューリップやら、アネモネやら、球根を植えました。

 

球根なので、どこに何を植えたのか全く覚えてないのですが、

あちこちで、順々に咲いてくれています。

 

春一番に咲いた、原種のチューリップ

 

DSC_0440.jpg

 

写真を見て、一目ぼれで買いました。

でも、とってもおとなし過ぎて、誰にも気が付いてもらえません。

白と紫の品のあるチューリップです。

 

 

DSC_0474.jpg

 

スラットした赤白バイカラーのチューリップ。

私の好きなチューリップ。

 

 

DSC_0471.jpg

 

DSC_0487.jpg

 

DSC_0489.jpg

 

DSC_0492.JPG

 

 

今まであまり惹かれなかった黄色のお花に

昨年の秋ごろから、何故か急に魅せられて、

黄色のチューリップをやたらあちこちに植えていたみたいです。

 

パープルのビオラや、ムスカリ、アネモネと合います。

来年は、もう少し上手に植えたいと思ってます。

 

DSC_0486.JPG

 

種をまいたアネモネが、あちこちで一杯咲いてます。

この、濃い紫のアネモネが一杯欲しかったので

大満足♪。

 

DSC_0494.jpg

 

一列に並んで、花のサイズに比べて、ずいぶん矮性なチューリップ。

少し派手な、バックコーラスみたいです。

真正面の花壇で咲き誇ってます。

 

DSC_0501.jpg

 

ピンク好きにしては、この場所にしか植えなかった、ピンクエリア。

目立たない場所で、一杯咲いてます。

 

最後に、アネモネ&パンジー

これも好きな組み合わせです。

 

DSC_0495.JPG

 

お仕事の合間に、ちょっと庭を一周するだけで、とても幸せな気分になります。

 

 

 

 

お客様からの、色んなリクエストのマカロンです。

 

DSC_0430.jpg

 

お医者さんマカロン。

 

DSC_0420.jpg

 

ロシアの絵本

「チェブラーシカ」が大好きという方へのプレゼントに。

 

DSC_0409.jpg

 

お琴と三味線

 

DSC_0366.jpg

 

カメラマンの方から、カメラとマック

 

DSC_0368.jpg

 

似顔絵です(^^)

イラストを描いたものを送っていただきました。

真っ赤な柔道着です。

 

DSC_0371a.jpg

 

お客様の会社のロゴマーク。

単純なようで、大変だった中の一つです。

 

 

DSC_0424.jpg

 

色んなピアノ。

コーラスの舞台の方への贈り物です。

 

 

 

 

 

モンタナ枯れる

 

「クレマチスと言えば、モンタナよ」

人の言うことに影響されやすい私が、叔母が言っていた言葉に反応して、

すぐに買って植えたモンタナ。

 

植えっぱなしで、ほったらかし状態だったのですが、

2年前、すごい勢いで伸びた幹に、すごい数の真っ白な花をつけました。

 

558.jpg

十字の真っ白な花がとても清楚なクレマチスモンタナ。

 

この時、2メートルほどの支柱に絡まりついていたのを、花後

時間をかけてほどいて、後ろの壁に誘引しました。

 

さらに伸びた茎に、昨年、一杯蕾をつけたと思っていたら、

何と、いつの間にか枯れてしまっていました。

 

モンタナって、暑さ湿度に弱くて、北海道や東北以南では、

5年ほどで枯れてしまうそうなんです(;_:)

 

頑張って誘引したのに、蕾までつけて枯れるなんて・・・と思っていたら、

枯れた葉っぱの横から、どんどん新芽が出てきて、

新しい枝もどんどん出てきて、

「あれあれ???」と思いながら、復活した枝を昨年、

また、綺麗に誘引して、今年の開花を待っていました。

 

蕾を一杯つけて、昨年よりさらに大きくなったので、

きっと目を見張る咲きっぷりだろうと思っていた矢先、

 

また、枯れちゃいました(;_:)

DSC_0479.JPG

 

ほんの3日ほど前までは、綺麗なグリーンの葉っぱがいっぱいついて、

小さな蕾もいっぱいつけていたのに。

DSC_0450.JPG

 

水揚げしてない状態です。

 

お店に電話して聞いてみたら、やはりこれがクレマチスの寿命なんだそうです。

よくあるのが、凄い花をつけた翌年、枯れちゃうんだそうで、

根っこが弱って、花を咲かせる力がなくなってしまうんですって。

 

・・・2年前の開花で力尽きたというわけです。

私は、花が咲かないクレマチスを2年間、大事に育てていたわけで

 

 

DSC_0480.jpg

 

でも、また下から一杯新芽が出てきてるんですよね。

 

多分、寒くなるまでに、どんどん伸びて、どんどん育っていくと思うんですが、

これをどうするかです。

 

DSC_0478.jpg

 

一本だけ、枯れていない枝がありました♪

蕾もついてます。

 

お店の人のアドバイス通り、この枝を土に埋めてそこから根が張るのを待つことにしました。

これが一番良い方法だそうで、そこから出た根は、1年生になって、

5年くらいを寿命と思って育てることにしました。

 

土地にあっていないものを植えるのだから、仕方ないですね。

 

 

 

 

 

先月の幼稚園の卒業式用のマカロンです。

妹の子供ちゃんが通った、芦屋浜のプリスクール

 

先日亡くなった、藤本義一さんが中心となって建てられた、

浜風の家の中にあります。

 

2~3度ほど行ったことがあるのですが、木の香りがする、

伸び伸びとした、開放的な幼稚園でした。

 

アメリカ人の先生がいらっしゃって、英語も習得できてるみたいです。

 

そんな幼稚園の卒園式用のマカロンを、数年前から作らせていただいています。

女の子用と、男の子用のツーパターンなんですが、

男の子というのが、何を描いてよいのか...。

 

毎年、丁度ホワイトデーと重なって、考える時間もないまま作らないといけないのですが、

今年は、一つはどうぶつで、もう一つは、ロボットを作ってみました。

 

DSC_0417.JPG

 

男の子にはブルーのリボンで、

女の子にはピンクのリボンでお届けしました。

 

 

月刊ピアノ掲載

 

桜が満開になりました。

こちらは関西でも少し遅めで、今が満開です。

 

桜が咲くと、テンションが急激にアップしますね。

 

殺伐とした庭も、色んな花が咲き始めました。

DSC_0476.JPG

黄色の山野草とパープルのムスカリ。

今年は、黄色×パープルのバイカラーで色々植えてます。

が、これは偶然。

 

DSC_0471.JPG

 

DSC_0474.JPG 

チューリップは、どこに何を植えたのか、全く記憶にないのですが、

とにかく、昨年の冬に、かなりの数を買って植えました。

それがあちこちで、咲き始めてきました。

忘れているだけに、嬉しいです。

 

 

中でも私の心をときめかせてくれるのが、

枯れ枯れ状態で休眠していたクレマチスから、

新しい目が勢いよく伸びてくる姿です。

 

DSC_0439.JPG

 

今からグングン伸びて、清楚な紫色の花を咲かせてくれます。

 

 

去年大人買いしたのに、またまた注文してしまいました。

DSC_0458.JPG

 

来週から、場所を探しながら地植えします(ワクワク)

花植えの時が一番好きです♪

 

12月から3月いっぱいは、毎年とても忙しくさせてもらって

(ありがとうございます)

桜が咲くころに、やっと人並みの生活が戻ってきます。

マカロンもずいぶんお待たせさせてしまい、すみませんでした。

 

ブログもずいぶんお休み状態でしたが、

また、色々と紹介させていただきます。

 

さて、本題です。

ヤマハの「月刊ピアノ」という雑誌の2013年4月号に

マカロン・ミュージックを紹介していただきました。

 

軽い曲がたくさん入っています。

数十年ぶりにピアノを弾こうと思ったら、椅子がどこにもなくて

断念しました。

 

 

 

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30